【Muse Dash】 スマホ版は買うべきなのか?プレイした感想!(Switch版・PC版との違いも)

ゲーム

どうも!こあらっこです。

今回はスマホ版【Muse Dash】を実際にプレイし、その魅力や仕様を伝えていきたいと思います。

2019年6月20日にはSwitch/PC(Steam)でも発売された本作品。

※(スマホ版とSwitch/PC(Steam)版との違いを簡潔に言うと、課金があるかないかです。)

購入を迷っている人は、ぜひ読んでいってください。

いやでも結構おすすめ。

ではいきましょう!

そもそも【Muse Dash】ってどんなゲーム?

迫る敵を蹴散らしたりトラップを交わしたりしながらクリアを目指していく、アクションゲーム音楽ゲームが融合したような内容となっている。 ゲームには萌え要素も取り入れられており、カートゥーンスタイルに描かれた女の子のキャラクターが走ったり、フルボイスで喋り出す[注 2]他、キャラクターによるさまざま衣装が用意されている所も本作の特徴となっている。
2018年6月14日にiOS[1]、15日にAndroid版が配信開始、同年にSteam版とNintendo Switch版も発売予定だったものの翌年の2019年6月に延期され[2]、2019年5月23日に同年6月20日に発売されることが発表された[3]

Wikipediaより引用

つまり「ランアクション×音ゲー×萌え」で、「爽快!ノリノリ!かわいい!」ということ。

Nintendo Switch「Muse Dash」 PV
「Muse Dash」 Switch/PC(Stem)版PV

動画はSwich・PC版のものです。(中身はスマホ版と変わりません。)

このPVを見た段階で既に「おいらワクワクしちまったよ!」となった方はぜひ実際にプレイしていただきたいです。(かく言う筆者もその一人。衝動買いしました。)

タイトルから可愛い!

ゲームを起動してまず目につくのはこの可愛すぎるビジュアル。

タイトル画面からぬるぬる動きます、素晴らしいですね。(左からリン、ブロウ、マリヤちゃんです)

キャラ・スキンが可愛い!

先ほども紹介しましたがキャラは

  • リン
  • ブロウ

  • マリヤ

の3人です。

それぞれに4つのスキンがあり、どれもレベルアップなどでもらえるアイテムを集めることで解禁できます。

スキンのアンロックに課金は必要ありません。

アクションがど派手&超かわいい!

これです。

正直、これとキャラの可愛さで購入を決めました。

カートゥーン調のデフォルメされたキャラが好きな筆者にはどストライク。

右から、

  • ジャンプしながら敵を蹴散らすリンちゃん(敵も可愛い)
  • ロングノートでギターをかき鳴らすリンちゃん
  • 中ボスをボコボコに殴るリンちゃん

こればっかりは動いているところを見ないと分かりづらいと思うので、ぜひページ上にあるPVを見てみてください。

曲・効果音もなかなか。

全体的にノリノリな曲が多いです。

開発元は中国ですが、日本語の曲、和テイストな曲もちらほらありました。

(筆者は特に「Departure Road」という曲が好きです。↓)

好きなテイストの曲が来るとテンション上がります。しかも割と来る頻度高いよ!

敵を倒すときの「パシッパシッ」という音も爽快で、曲の邪魔をしません。

操作方法

このゲームの操作方法はいたってシンプル。でもできることは多いです。

大まかにいうと、

  • 地上の敵→画面右側をタップ
  • 空中の敵→画面左側をタップ

これだけです。

地上の敵は赤く、空中の敵は青く表示されます。

これのおかげですごく見やすいです。譜面が複雑になってもタップする方を迷うことはありませんでした。

( この色分けを見て、にわか音ゲーマーの筆者は「太鼓の達人みたいだなぁと」と考えていました。 )

攻撃

キャラ右側の円に敵が重なったらタップしましょう。

ジャンプ

左側タップはそのままジャンプにもなります。

ロングノート

いわゆる長押しです。

かっこよく決めましょう。

同時押し

画面左右を同時にタップします。

アイテム

ハートと音符。

HPが回復したり、スコアをゲットできます。

連打

「!」がついた敵は連打で撃退します。

ボコボコ

ボス戦

可愛いボスキャラの登場!

今まででできたものを思い出して戦いましょう。

操作設定

普通プレイヤー向けの左右と、玄人向けの上下があります。(タップする場所)

設定からいつでも行えるので、好みの設定でプレイしましょう!

※今回は左右で説明しました。

難易度はどうなの?

筆者は音ゲーに詳しくないのですが、初心者から上級者まで、誰でもある程度楽しめる難易度設定になっている様に感じました。

曲ごとに難易度は3つあり、下から順に

  1. 普通
  2. 玄人
  3. 達人

となっています。

1番上の難易度「達人」は、腕に自信がある人でも手ごたえを感じられると思います。

一方、「最後まで完走できるか」という視点で考えると、結構簡単な部類だと思いました。

理由は2つあります。

HP制だということ

このゲームは敵に当たるとダメージ、HP(画面下の赤いゲージ)が0になるとゲームオーバーです。

敵は地上、空中と2つのラインで攻めてきます。

空中の敵には、何もしなければ当たりません

そして、地上の敵はジャンプで避けることが出来るのです。↓

間違えてめちゃくちゃな操作をしても、結果的に敵の攻撃をよけていたり…。

なので自分の力量より難しい難易度でも、意外とクリア出来ちゃったりします

※ちなみに敵に当たっても避けてもコンボは途切れません。

判定は優しめ

判定は結構広いです。敵とぶつかりそうでも割と待ってくれます。(体感)

ぶっちゃけ曲数はどうなの?

曲数は全部で40曲あります。

360円で40曲なので、一曲当たり9円。(なんか怪しい詐欺みたい。でもほんとよ。)

これに加えてキャラのスキン13体とサポートキャラはすべて無料、課金は必要ありません。

賛否両論あると思いますが、筆者的には十分納得のできる内容とクオリティだと思いました。

曲のアンロック

曲のアンロックにはレベルアップが必要です。

最初に選べる曲は4曲。そこからレベルが上がるごとに1曲増えていきます。(レベル22までは1レベル毎に1曲解放。そこからは2レベル1曲です。)

ぶっちゃけここにストレスは感じませんでした。

なぜなら、レベルは100経験値で1上がります

そして、それは何レベルまで行っても変わりません。

そして、初めての曲は実績の解除も相まって大体90~120ぐらいの経験値が入手できます

なので、

新曲開放→クリア!→レベルアップ→新曲開放…

とループすることが出来ます。

(筆者は現在レベル22ですが、ほぼノンストップで来れました。この時点で26曲あります。)

総評

こんな長い記事をここまで見ていただき、本当にありがとうございます。

今回は、スマホ版「Muse Dash」についてプレイした感想を交えつつ解説してみました。

個人的には、可愛い女の子とランアクション、音ゲーが好き!な同志はぜひ購入してみてほしいです。(360円ですしね。)

今回はあまり語りませんでしたが、テクスチャやUIなどの、ゲーム全体の完成度も高いと思います。

操作で困ったことはありませんでした。

さて、こんなところでしょうか。最後にSwitch/PC(Steam)とスマホの違いを説明してお別れです。

おまけ:Switch/PC(Steam)版とスマホ版の違い

  • スマホ版・PC版・・・360円。本体+40曲の楽曲
  • Switch版・・・3,240円。買い切り型

Switch版はスマホ・PCの約10倍の値段です。高い!

が、買い切り型なので、今既に配信されている楽曲に加え今後新しく追加される楽曲も無料で手に入るとのこと。

※PC版はスマホと変わりません。

個人的には、みんな持ってるスマホ版で十分なんじゃないかなぁと思ってみたり。

課金してどんどん曲増やすぜ!という方はSwitch版をおすすめします。

では、またどこかで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました