AirPods2とAirPods Proを比較。両方使って感じた良いところ。

AirPods

こんにちは。コウキです。

2019年3月26日に発売された「AirPods 2」

2019年10月30日に発売された「AirPods Pro」

今回は2つのイヤホンの違いを比較しつつ、実際に使ってみた使用感もお話ししていきたいと思います。

ちなみに僕はAirPods2を半年間愛用しておりますよ!

今回の記事を読むと

ノイズキャンセリングの使用感とそれぞれのおすすめポイントがわかります。

まずはざっくりと性能比較

AirPods 2AirPods Pro
イヤホンタイプインナーイヤー型カナル型
チップH1チップH1チップ
装着部分ワンサイズカスタマイズ可能
本体重さ4g5.4g
ケースサイズ44.3 × 21.3 × 53.5 mm60.6 ×21.7 ×45.2mm
音楽再生時間最大5時間最大5時間(通常時)、
最大4.5時間(ノイズキャンセリング・外部音取り込み使用時)
通話時間最大3時間最大3.5時間(ノイズキャンセリング使用時)
ケース使用時バッテリー駆動時間最大24時間最大24時間
サウンド機能なしアクティブノイズキャンセリング
外部音取り込み機能
耐水性能なしIPX4相当
操作方法タップ感圧センサー
価格(税込)19,580円(税込・ワイヤレス充電なし)
25,080円(税込・ワイヤレス充電あり)
30,580円(税込)

本体の重さは1.4gの差がありますが、正直そこまで気になりはしませんでした。

ただサイズはどうしてもAirPods Proの方が大きくなってしまうので、AirPodsに慣れていると多少のゴツさは感じてしまうかも。

大きな違いはノイズキャンセリング機能機能使用時のバッテリーの持ち時間が違うこと操作方法が変わったこと耐水性能が少しアップしたことぐらいでしょうか。

ノイズキャンセリングについて感じたこと

AirPods Proの目玉といえば、ご存知通りノイズキャンセリング

俗に言うノイキャンです。ノイキャン。

外から取り込んだ音と、それを打ち消す真逆の音を同時に流すことで擬似的に無音の世界に入ることができます。

確かにこれは素晴らしい機能で、実際に使ってみてもその無音っぷりには思わず「おお….。」と感嘆してしまうでしょう。

ただ、デメリットもあるので、筆者が感じた部分を書いていければなと。

ノイキャンデメリットその1:耳が疲れる

第1に耳がすごく疲れます。

外からの音、その真逆の音、ケータイから出る音楽の音の3つを同時に聴いているのですから、当然っちゃ当然かも。

あまりの長時間使用には向きませんね。

ノイキャンデメリットその2:謎の圧迫感

何も聞こえてないのに聞こえてる、とでも言うのでしょうか…?(矛盾)

ノイキャンのデバイス全てに言えることなのですが、気圧が上がったかのような謎の圧迫感があります。

筆者は特に苦手で、なんか変な恐怖感が湧いてきます笑

ノイキャンデメリットその3:周りの音聞こえへん問題

これ。メリットのようで場合によってはデメリット。

まあそんな機会ほとんどないと思うのですが、ノイキャン使用中に人から突然話しかけられたりすると全く気づけません。

それぞれのおすすめポイントッ!

AirPods 2
  • 付けているのをたまに忘れるぐらいのフィット感。(耳の形次第では合わないことも)
  • ダブルタップの操作方法が便利。手袋していてもちゃんと反応してくれる。
  • HeySiriが何かと便利。(Proでも同じことが出来ます。)
  • 耳から外すと再生が止まる地味な便利さ(Proでも同じ。)
  • 15分の充電で3時間再生。(多分Proでも同じ。)
AirPods Pro
  • アクティブノイズキャンセリングのおかげで曲に没頭できる。
  • 外音取り込み機能で外の音もしっかり聞ける
  • 感圧センサーのおかげでできる操作が増えた
  • AirPods 2では思うようにフィットしなかった人も、カナル型+3つのサイズがあることでしっかりフィットできる。
  • 5分の充電で1時間再生。

総評

今回発売されたAirPods Proですが、Proの名に恥じないプロ仕様に仕上がっていると思います。

ここまでの機能をこのサイズ感にまで落とし込むかーと感嘆してしまいました。

ただ、既存のAirPodsが優秀なのも事実。値段もProに比べて1万円ほど安いので、そこまで拘らないなら無理してProを買う必要はないと思います。

  • 「音にこだわりたい!」
  • 「インナーイヤー型だと耳の形が合わない…。」
  • 「ノイキャンがどうしても欲しい!」

こんな人はProの方を買ってみてもいいのでは。

結論:どっち買っても後悔しないよ。マジで。

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました